トップページ > まちサポ広場

探す

団体検索

名称

活動分野

地域


Myセレクション


 

肉球生活向上委員会 With Wan

 
基本情報
活動レポート( 203 )
お知らせ( 167 )
 

 

トイプ〜祭り的しっぽ道場
2017/06/07
頑張った面々
グループに分かれて歩行練習
今日一番の功労者 赤い橋
爽やかな五月晴れの空のもと5月のしつけ方教室満員御礼で開催。
週間天気予報でもお天気の心配一切なかったのでヤキモキすることなく大船に乗って迎えた今回、逆に曇ってくれないかと暑すぎることを心配。

結果、歩行者・自転車専用の橋がとってもいい仕事をしてくれました。
グループに分かれての歩行練習でもしっかり日陰を作ってくれるので待ち組は自然と橋の下へ(笑)
訓練士さん一人、出ずっぱりで暑い思いをさせてしまって申し訳なかったのですが、ひとまず開催できたことを素直に喜びたいと思います。

毎回、お勉強しに集まるワンたちは違うのですが今回はずばり、トイプ〜(mix)まつり!見事に各色取り揃えてのご参加。
珍しいアメリカンコッカーも2匹いてこの子達は年齢からしてひょっとしたら兄妹か従妹??

勉強になった、来てよかった、楽しかったとの声が何よりです。
是非今日学んだコツを毎日の愛犬ライフに生かしていただけたら嬉しいです。

次回は涼しいを通り越して寒くなるころを予定していますので、お知らせのページを要チェック!


 

幸せの黄色いレシート ご存知ですか?
2017/05/11
イオンHPより
イオンHPより
今回購入させていただいた品々です
イオングループが毎月11日に発行している黄色のレシートを作荷台近くに置かれた地域で活動するボラ団体のボックスに入れて下さったら、お買い物金額の1%をイオングループがお買物券で登録団体を応援して下さるというキャンペーンです。
勿論レシートが必要な方もいらっしゃいますので、そんな時はひと手間かけて申し訳ないのですが、サービスカウンターでご利用金額を記入された黄色い応援券をもらってボックスに投入していただけるとブチ嬉しいです。

私たちもザビッグ大内店で団体登録させていただいており年2回、集計金額に応じたギフトカードをいただいています。
今期は21700円分のお買物券を頂戴して、保護犬・保護猫の消耗品やふれあい訪問で使わせていただく犬猫のおやつ類を購入させていただきました。
今回気になっていた全30種類を購入させていただいたイ○○のチャオチュール、芸達者な保護猫のトラさんもこの大好きなチュールの色々なお味を試してもらってより腕に磨きををかけてもらえるでしょう(笑)

レシートを投函して応援して下さったお一人お一人の方に、この場をお借りしてお礼申し上げます。
毎月11日のお買い物でイエローレシートを手にしたら、お財布に仕舞う前に、地元地域で活動する色々なグループを知っていただき、レシートを投函して活動を応援してくださると嬉しいです。
みんなが笑顔でwin×3のこのイオンさんのような新しい仕組みがますます社会に広まりますように…


 

春の風物詩もひと段落
2017/05/01
S字行列もなく静かな受付(奥2台)手前は新規・はがき忘れの方用
こんな感じで手渡しです
注射後、お母さんお友達と立ち話中にパンフを読む賢いお子たち
季語にあるんじゃないかと思うほど犬飼養者には季節のお約束事、狂犬病予防接種の山口市巡回サービスが今年度も無事終了しました。

4月6日のスタート初日より雨続き、各会場巡りをする市担当者や獣医師も犬と飼い主同様うんざりな雨の日の集団接種…皆様本当にお疲れ様です。
毎年愚痴りますが、動物病院でも同料金で受けられたら無理して雨の日にまで出向くこともなくなり、本当にうれしく有難いことですが、他市では出来ていることなので山口でもいつかは…と希望を捨てずに待ちましょうか。

今年も日曜接種会場にわんわんパーティクラブさんから頂いた啓発パンフとうんP袋を配布しながら、ちょっと嬉しい情報も耳にしました。

以前より格段に飼い主のマナーや知識もアップしたとはいえまだ存在していた、公開処刑のような注射の仕方を希望する情けない飼い主の要望には極力応えない方向になったようです。
注射嫌い・獣医さん嫌いを増長する負のスパイラルでしかない昭和な注射風景がなくなって、獣医さんのもとで落ち着いて受けるよう、飼い主自身の意識も高めていかないとね。

市にお願いして会場同行をさせていただいて約10年、自分の犬にオロオロする飼い主の代わりを買って出たりのおせっかいをしていたころとはすっかり職員の顔ぶれも変わって、淡々と進む日曜日の会場は阿鼻叫喚もなく晴れ渡る空同様穏やかそのもので、お節介の幕引きも潮時だなと感じた次第です。

毎年集合注射会場で元気な姿を見せてくれてるゴンちゃんも12歳、譲渡時小学生だったお兄ちゃんももう23歳だって…今年からはご夫婦二人でお越しでした。
譲渡犬1匹1匹に本1冊分以上の夫々の物語があります。
同行させていただからけたこそ、譲渡後の様子もこうして垣間見せていただける有意義な時間を与えていただき、改めて市に感謝感謝です。


 

  次へ