トップページ > まちサポ広場

探す

団体検索

名称

活動分野

地域


Myセレクション


 

特定非営利活動法人 山口現代芸術研究所(YICA)

 
基本情報
活動レポート( 6 )
お知らせ( 2 )
 

 

山口アート・アーカイヴ2017―アート・アーカイヴの構築と活用
2017/09/13
会場風景2017年9月13日
昨年に引き続き第2回目のYICAアーカイヴ展を菜香亭2F会議室で本日から開催中です(〜9/18まで)。
YICAは、来年、2018年に設立20周年を迎えます。
20周年に向けて、昨年より3か年の計画で山口アート・アーカイヴ[YAA]と名付けて、YICAの活動のみならず、山口や世界のアート動向にも目配りしたアート・アーカイヴを構築中です。
本展は、その中間報告で、YICA設立前史の資料から整理し、1992年から2017年までの約26年間に制作されたちらしやパンフレット、カタログ、写真等、約150点を展示しています。
会場では、各年度ごとの年表の周りに、ポストイットを使って、来場者にもその年に関する個人的な思い出を書いて貼ってもらっています。
17日(日)の10〜12時には、YICAレジデンス・アーティストの寺田就子さんによるワークショップ、同日15〜17時には、寺田さんと宮本博史さんによるアーティスト・トークも開催します。
是非、お出かけください。

☆展覧会「山口アート・アーカイヴ[YAA] 2017」 入場無料
会場:山口市菜香亭(2F 会議室)
会期:2017年9月13日(水)〜9月18日(月・祝)
開場時間:9月13日(水)は12時〜17時/14日(木)〜18日(月・祝)は9時〜17時

☆アーティスト・イン・レジデンス:宮本博史+寺田就子
滞在期間:宮本博史=2017年9月12日(火)〜18日(月・祝) 7日間
 寺田就子=2017年9月14日(木)〜18日(月・祝) 4日間
場所:前町シマダ邸

☆アート・ワークショップ 参加無料
講師:寺田就子
会場:山口市菜香亭(2F 会議室)
日時:2017年9月17日(日)10時〜12時
内容:光や透明感に注目して身の回りの品々が持っている美を再発見する

☆アーティスト・トーク 参加無料
パネラー:宮本博史+寺田就子
会場:山口市菜香亭(2F 会議室)
日時:2017年9月17日(日)15時半〜17時
内容:宮本氏が取り組んでいるアーカイヴ・プロジェクト「寺田家」の紹介

主催:特定非営利法人山口現代芸術研究所(YICA)
共催:やまぐち街なか大学
助成:公益財団法人 山口市文化振興財団
後援:山口市/山口大学人文学部 藤川哲研究室、山口大学教育学部 中野良寿研究室、N3 Art Lab、the temporary space、Do a Front


 

山口盆地考2017 逆さにすれば、森―岩崎貴宏
2017/05/24
Iwasaki.jpg
ヴェネツィア・ビエンナーレは、1895年から続く国際的な芸術祭で、日本は戦後、サンフランシスコ条約が発効した1952年から参加しています。今年は第57回展が5月13日から11月26日の約6か月間、ヴェネツィアのジャルディーニを主会場として開催中ですが、本事業では、この日本館展示作家の岩崎貴宏さんを山口にお招きして、開幕したばかりのヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展への参加体験について語ってもらいます。
日本館の展示では、宮島の厳島神社のほか、山口の瑠璃光寺五重塔も上下反転させた部分を含む精巧な模型で再現されており、現地で高い評価を得ています。
第1部の岩崎さんによる報告の後、第2部では、5月8日から16日まで現地に赴き、ヴェネツィア・ビエンナーレの他の国々の展示等も調査・取材してきた藤川哲がトーク・セッションに加わり、現代アートの方向性について解説します。

事業名:
逆さにすれば、森―岩崎貴宏
山口盆地考2017 スライド・レクチャー&トーク・セッション
第57回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展 日本館報告会

日 時:2017年6月16日(金)19:00〜20:30(18:30開場)
場 所:山口情報芸術センター(YCAM) スタジオC(山口市中園町7-7)

お問い合わせ先:083-933-5234(担当:藤川)

※参加無料

講師:岩崎貴宏(アーティスト、1975年生まれ、広島在住)

主催:特定非営利活動法人 山口現代芸術研究所 [YICA]
共催:やまぐち街なか大学
助成:公益財団法人 山口市文化振興財団
後援:山口大学人文学部 藤川哲研究室、山口大学教育学部 中野良寿研究室、the temporary space、Do a Front


 

YICA ART WALKING 2 「伝説!? …亀山と春日山は昔ひとつだった…?」
2017/03/04
散策コース(S→G)
3月11日(土)、YICA ART WALKING 2 「伝説!? …亀山と春日山は昔ひとつだった…?」を実施します。

「亀山と春日山は昔ひとつだった…」という伝説のある地域をYICAメンバー(嶋田日出夫、鈴木啓二朗、共に現代美術作家)やゲストの原田正彦さん(路上観察ナビゲーター)と一緒に、探求します。探求した事実、歴史、伝説、秘密などの発見をもとにオリジナル地図制作や未来へ向けた提案を考え共有する企画です。

日時:2017年3月11日(土)13:00〜15:00
参加対象:青少年(小学生?大学生)及び一般、定員15名程度
集合場所 山口県立美術館

※参加無料、小雨決行

ゲスト:原田正彦(路上観察ナビゲーター)

ルート:山口県立美術館→美術館北の元カフェ→鶏の彫刻→県立美術館中庭遠望→亀山公園→県立博物館南側の煉瓦造りの建物(明治維新記念室)→煙突→古墳群→屋外劇場→先賢堂→春日山庁舎裏の池→駐車場脇の噴水と椅子→春日山庁舎→県立博物館

服 装:歩きやすい服装と靴
持ち物:筆記用具(色鉛筆、カラーマーカー、クレパスなど)、ノート、画板、カメラなど
配布物:ルートマップ、画板

参加申込み:へご連絡ください。 (担当:鈴木) 当日参加も可
問い合せ先:090-3879-9658/ (担当:鈴木)

主催:特定非営利活動法人 山口現代芸術研究所(YICA)
助成:公益財団法人 河村芳邦記念青少年育成財団
後援:やまぐち街なか大学、山口大学人文学部 藤川哲研究室、山口大学教育学部 中野良寿研究室、N3 ART Lab、the temporary space、Do a Front


 

  次へ