トップページ > まちサポ広場

探す

団体検索

名称

活動分野

地域


Myセレクション


 

こどもと本ジョイントネット21・山口

 
基本情報
活動レポート( 82 )
お知らせ( 177 )
 

 

第1回やまぐち子どもの本のカレッジ2017 「描いてきたこと、 描きたいこと」
2017/07/02
石川えりこさん講演会
絵本『ボタ山であそんだころ』で第46回講談社出版文化賞絵本賞受賞された絵本作家 石川えりこさんは、絵本だけでなく、フリーのイラストレーターとして、児童書の挿絵、書籍装画、雑誌・広告などで幅広く活躍中です。その石川えりこさんをお迎えして、絵本の魅力を学びます。

日 時:2017年7月2日(日)13:30〜15:00
場 所:山口県立山口図書館 3F 第2研修室
 山口市後河原150-1
 TEL:083-924-2111
講 師:石川えりこ(絵本作家)
参加費:無料
対 象:誰でも
定 員:40人
申 込:
 090-3636-2617/083-922-0131(山口)
 090-2008-9467/083-902-6135(山本)
主 催:こどもと本ジョイントネット21・山口
後 援:山口市教育委員会、山口県子ども文庫連絡会

この活動は子どもゆめ基金の助成を受けています。

★講師プロフィール★
1955年福岡県生まれ。画家であった祖父の膝の上で絵に囲まれて、筆の動きを見て育つ。小さい時から絵ばかり描いていた。九州造形短期大学卒業後、研究生として絵本製作を学ぶ。福岡市、静岡市、仙台市の広告代理店のデザイナーを経て、フリーのイラストレーターに。絵本だけでなく、児童書の挿絵、書籍装画、雑誌・広告など多方面で幅広く活躍中。絵本『ボタ山であそんだころ』で第46回講談社出版文化賞絵本賞受賞。
主な仕事に、日本相撲協会ポスター4本シリーズ、九州全県観光ボスター7県シリーズ、「幼稚園ママ」巻頭見開きイラスト連載(朝日新聞出版社)、『相席で黙っていられるか』装画(岩崎書店)、「母の友 手紙でこんにちは」連載挿絵、「母の友 一日一話」挿絵(以上福音館書店)、「LOOKBOOK―ことばあそびのabc」(PIEBOOKS)、『1年のどうとく』『2年のどうとく』教科書表紙(東京書籍)。
主な絵本作品に、『くろうさぎはねた あまみの唄あそび』(こうだてつひろ詩 海風社 2011.1)、『たいらになった二つのやま』(ビーゲン セン作 絵本塾出版 2011.7)、『くじらのおれいまいり』(深山さくら作 教育画劇 2012.1)、『ボタ山であそんだころ』(福音館書店 2014.3)、『すずこ』(原野なおこ作 西日本新聞社 2015.3)、『あひる』(くもん出版 2015.7)、『またおこられてん』(小西貴士作 童心社 2016.9)、『ことしのセーター(こどものとも)』(福音館書店 2016.11)、『流木のいえ』(小学館 2017.2)など。
幼年児童文学作品に『てんきのいい日はつくしとり』(福音館書店 2016.9)など。
主な児童文学作品の挿絵に、『おばけのナンダッケ』(巣山ひろみ作 国土社 2013.7)、『わすれもののおつかい』(巣山ひろみ作 国土社 2013.10)、『はじめてのともだち』(巣山ひろみ作 国土社 2014.2)、『天の川のラーメン屋』(富安陽子作 講談社 2017.2)など。

 

こどもと本ジョイントネット21・山口 総会2017 
2017/07/02
石川えりこさん講演会
日時:2017年7月2日(日)10:00〜
場所:やまぐち県民活動支援センター
 山口市神田町1-80
 防長青年館(パルトピアやまぐち)2階
 TEL 083-934-4666


午後1時30分からは、山口県立山口図書館で、絵本作家 石川えりこさんをお迎えして、第1回やまぐち子どもの本のカレッジ2017 「描いてきたこと、 描きたいこと」を開きます。

 

絵本作家・画家 鈴木まもるさんが語る「絵本と鳥の巣のふしぎ」
2017/04/22
絵本作家・画家 鈴木まもるさんが語る「絵本と鳥の巣のふしぎ」
山口県教育会館の位置図
2015年に実施したジョイネット主催の鈴木さんのワークショップ
画家・絵本作家で、鳥の巣研究家の鈴木まもるさんが、
世界の不思議な実物の鳥の巣を約20個持参されます!

鳥の巣やスライドを見せていただきながら、
鳥の巣を通して見る自然の営みの素晴らしさ、
また絵本つくりへの思い、
“生きるとはなにか”についてなど、
話をしていただきます。

講演会終了後にサイン会を実施します。
※当日会場で購入の本のみ

小学生もおとなも楽しめる内容です。

日 時:2017年5月28日(日)13:30〜15:30
場 所:山口県教育会館 5F 第1研修室
 山口市大手町2-18
 TEL 083-922-5768
対 象:小学生〜一般のおとな
 −絵本、自然、動物、鳥や鳥の巣、教育、美術、造形活動、子育てに興味のある人
 ※未就学児もお話を聞くことができれは可
定 員:100名 
参加費:
 おとな 予約800円(当日1000円)
 こども(18歳以下)500円 
申込先:
 090-3636-2617/083-922-0131(山口)、
  ※必ず返信
 090-6406-5283/083-925-2448(国村)
主 催:こどもと本ジョイントネット21・山口、さくらんぼクラブ
後 援:山口市教育委員会(申請中)、山口県子ども文庫連絡会

【鈴木まもるさんプロフィール】
画家/絵本作家/鳥の巣研究家。
1952年 東京生まれ。東京藝術大学工芸科中退。
1980年に絵本『ぼくの大きな木』(偕成社・鶴見正夫/文)で絵本作家としてデビュー。1995年『黒ねこサンゴロウ』シリーズ(偕成社・竹下文子/文)で赤い鳥さし絵賞、2006年『ぼくの鳥の巣絵日記』(偕成社)で講談社出版文化賞絵本賞、2014年『ニワシドリのひみつ 〜庭師鳥は芸術家』(岩崎書店)で産経児童出版文化賞JR賞を受賞。絵本・童話のイラストは、これまでに150冊近い。
その他、教科書、ポスター、カレンダーなどの仕事がある。
1986年に伊豆半島に転居後、野山でみつけた鳥の巣の造形的魅力にとりつかれ、独学で巣の研究と収集を始める。 以来、収集した巣の数はおよそ230種、550個以上。1998年から全国各地で鳥の巣と絵画の展覧会を開催している。

 

  次へ