トップページ > まちサポ広場

探す

団体検索

名称

活動分野

地域


Myセレクション


 

こどもと本ジョイントネット21・山口

 
基本情報
活動レポート( 90 )
お知らせ( 195 )
 

 

ゆかいな絵本楽校「聞いてガッテン!動物のひみつ」
2017/03/04
元旭山動物園飼育員の絵本作家 あべ弘士さんと
「ガッテン!」でおなじみのNHKアナウンサー 小野文恵さんの
夢の対談!
絵本と動物のひみつぜーんぶ聞いちゃおう!

日 時:2017年3月5日(日)13:30〜(30分前開場)
場 所:海峡メッセ下関 9階海峡ホール
前売券:おとな1300円、こども500円
当日券:おとな1600円、こども700円
問 合:083-232-7956(こどもの広場)
主 催:山口県子ども文庫連絡会
後 援:こどもと本ジョイントネット21・山口 他

この活動は、子どもゆめ基金助成活動です。

 

絵本作家あべ弘士が語る「動物への愛、図書館への思い」
2017/03/04
あべさんのトートバッグ(山陽小野田市立中央図書館にて)
絵本作家あべ弘士さんを講師にお迎えし、「動物への愛、図書館への思い」をテーマにお話しいただきます。
なんと山陽小野田市マタニティブックスタートでは、あべ弘士さんのイラスト付のトートバッグを配布しているそうです。いいですね。

日時:2017年3月4日(土)13:30〜15:30
場所:山陽小野田市立中央図書館 2F 視聴覚ホール
定員:60名(※要申込み)
対象:大人(※小学校高学年以上も可)
申込・問合:
 山陽小野田市立中央図書館
 TEL/0836-83-2870
 FAX/0836-83-3564
 E-mail/
主催:山陽小野田市立中央図書館
後援:山口県子ども文庫連絡会


★あべ弘士さんプロフィール★
 あべ弘士1948年生まれ。北海道旭川市在住。絵本作家。
 旭川市旭山動物園飼育係として25年間勤務。
 その後、絵本作家として独立。
 1995年『あらしのよる』(講談社)で講談社出版文化賞等 受賞。
 1999年『ゴリラにっき』(小学館)で小学館出版文化賞、
 2000年『ハリネズミのプルプル』シリーズ(文溪堂)で赤い鳥さし絵賞、
 2013年『クロコダイルとイルカ』(メディア・パル)でけんぶち絵本の里大賞、
 2014年『新世界へ』(偕成社)でJBBY賞、
 2016年『宮沢賢治「旭川。」より』(BL出版)で、産経児童出版文化賞美術賞 受賞。
 他にも、『雪の上のなぞのあしあと』(福音館書店)など多数の著書あり。

 

長谷川義史 with あおきひろえ クリスマス絵本ライブ
2016/12/21
長谷川義史さんとあおきひろえさん
長谷川義史withあおきひろえクリスマス絵本ライブ チラシ
会場位置図
ジョイネットの毎年恒例のクリスマス絵本ライブ、
今年は、長谷川義史さんとあおきひろえさんご夫婦の共演です。

自作の絵本の読み聞かせや、
その場で絵を描きながら展開するライブ紙芝居など、
クリスマスのひとときを親子でお楽しみください。

抽選でスペシャルなプレゼントを差し上げます!!
長谷川によるあなたの似顔絵、サイン本、カレンダーや絵葉書などのグッズ・・・等々、予定しています。


★日 時★2016年12月25日(日)13:00〜15:00(12:00開場)

★場 所★山口県教育会館ホール
 山口市大手町2-18
 083-922-0383

★定 員★500名

★チケット★ ※1歳以上有料。
 前売券(おとな1000円 こども500円)
 当日券(おとな1500円 こども700円)
 ※障がい者手帳をお持ちのお子さんは、当日受付にて半額返金いたします。
 ※満席の場合、当日のお客様は、お断りすることがあります。

★チケット販売所★ ※11月1日より発売。
 さくらんぼクラブ(083‐925‐2448(国村))
 C・S赤れんが(083-928-6666 山口市中河原町5-12)
 ギャラリーナカノ(083-924-6648 山口市中央1-5-14)

★問合・予約★
 083-922-0131/090-3636-2617(山口)、
 090-2008-9467(山本)
 ※前売券の値段でチケットの電話予約できます。
 ※お支払は当日会場受付で。
 


◆長谷川義史さん◆
1961年、コテコテの大阪府藤井寺市生まれ。子どもの頃から絵が得意。中学のとき、先生の似顔絵を描いて一躍クラスの人気者に。・・・・その気になる。その後、看板屋、グラフィックデザイナーを経て、2000年「おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん」(BL出版)で 絵本デビュー。『おたまさんのおかいさん』(解放出版社)で第34回講談社出版文化賞絵本賞受賞。『かあちゃんかいじゅう』(ひかりのくに)で第14回けんぶち絵本の里大賞を受賞。 『ぼくがラーメンたべてるとき』で 日本絵本賞と第57回小学館児童出版文化賞を受賞。『いいからいいから3』(絵本館)で第19回けんぶち絵本の里大賞受賞。おおらかで大阪色豊かな笑いを絵本の世界に持ち込み、大人も子どもも楽しめる絵本を次々と生み出す。各地で開催される絵本ライブや、毎日放送ちちんぷいぷいの名物コーナー『とびだせ絵本』で、お茶の間のファン層を拡大中。

◆あおきひろえさん◆
愛知県豊橋市の未だ信号もない海の近くの田舎町に生まれ育ち、子どもの頃から絵を描くのが好きで、クラスでいつも2番目に絵が上手かった。大阪のイラストレーター集団(株)スプーンに勤務後、絵本作家として活躍。絵本の仕事に『パパとぼく』『夏平くん』 (絵本館)、『ハルコネコ』(教育画劇)、『ぼんちゃんのぼんやすみ』(講談社)、中川ひろたかさんとの『なんでやねん』『かみなりどんがやってきた』(世界文化社)、落語絵本『からあげ』(アリス館)、 挿絵に『パパはステキな男のおばさん』(BL出版)など多数。読売新聞日曜版『味な話』のイラストを好評連載中。また、桂三枝師匠(現・文枝師匠)にいただいた大川亭ひろ絵の高座名で、素人落語家として出前高座にも奔走しつつ、絵本ギャラリー『空色画房』、レンタルスペース『ツギハギ荘』のプロデュースも手がける。


この活動は、子どもゆめ基金助成活動です。
ジョイネットは、日本のクリスマスは山口から実行委員会に参加しています。

 

  次へ