トップページ > まちサポ広場

探す

団体検索

名称

活動分野

地域


Myセレクション


 

囲炉裏の会

 
基本情報
活動レポート( 18 )
お知らせ( 1 )
 

 

夏眠から目覚めました。
2017/08/29
冬野菜
草茫々に茫然
眼前開けてスッキリ
我が物顔の芋づるが溝を覆っています
つるを持ち上げ畝の上に被せます
私がキス、 砂地がスキです
 雑草が茂り放題の菜園を気にしながらも熱中症が怖くて菜園活動が停滞、夏眠状態が続きました。 先日、会員のKNさんから冬野菜の植え付けの提案があり、他の会員に打診、9月中旬の植え付けを目指して畝整備することにしました。

 夏眠とは、
*** 暑く乾燥する夏期に生物が休眠して過ごすこと。水分の蒸発に対する防護が不完全なカタツムリやカエル、てんとう虫などは、地中の穴や枯れ葉の下やすきまに潜り込んでしばしば集団をつくり、夏眠する。(知恵袋より) *** だ、そうです。

 お盆も過ぎ、猛暑の中でも太陽の傾き、影の長さに秋を感じ おじさん達もそぞろ夏眠から目覚めるタイミング。8/26(土)陽が傾きはじめてから菜園の草刈り、さつまいものつる返し作業を行いました。

 ジャガイモ収穫からひと月半、雑草の背丈も50cm位になると草刈り機で刈って折り重なった草を取り除きながらの作業効率は半分。それでも2台の草刈り機で何とか予定終了。
 一日を楽しく過ごすには「朝、散髪せよ」と言われますが、夕方でも気分が良いものです。サッパリしました。
 
 さつまいもは、マルチの隙間の僅かな土を求めつるが根を張っていました。根を張ると養分が芋に届かず大きくならないらしいです。そのためつるから出た根を切るのがつる返し作業です。
 
 ひと月も放って置くと隣の畝から隣の畝へと伸び放題、ジャングルのように覆い隠していたつるを持ち上げ、ひっくり返して畝の上に乗せて行くと溝が現われてきます。掻き分けるように進むこと総延長約120m。2時間でつる返し作業終了。汗だくだくの結晶が地中で丸々と育ってくれることを願いつつ。赤く熟れたミニトマトをつまみ食いして作業終了。

 次は、9月初旬に耕運機で耕し、畝を作ります。暑さが収まれば小旅行、山登り、魚釣り計画も出番を待っています。各近々実施予定。
 ひと月前になりますが釣り好き会員4人で萩の菊が浜にキス釣りに行きました。釣果はキス12、3匹 小ダイ、鯵数匹、で炎天下の我慢大会みたいでした。近くに居たよそのおじさんが細かくキス釣りの要領を教えてくれて釣りならではの交流も出来ました。

次回定例会は、平成29年9月8日(金)18:00〜 
於;やまぐち県民活動支援センター(防長青年館内)

 *囲炉裏の会は、いつでも仲間を歓迎します。気楽に覗いて見ませんか。また、空き家開放の情報が有りましたらお寄せ下さい。


 

恒例の芋掘り
2017/07/19
草の海でジャガイモ探し
選別作業は慣れたものです。
結果オーライ 一同満足満足
ご近所のコミュニケーションもバッチリ
えー、お笑いを一席。私、防高出身です。
暑気払いは、これにかぎります。
 ジャガイモ掘りは、雨続きで2度延期、不安定な天候で3度目は、日程の予告も出来ず、状況を見て、行き当たりばったりの当日連絡となりました。
 7/9早朝にやや強い降雨がありましたが、菜園のある大内地区は一時的な少雨だったとの情報で急遽15:00からの芋掘りを決めました。

 当日の連絡にも拘らず15人(大人11人、子供4人)の参加がありました。会員だけでの収穫を覚悟していましたので大変助かりました。聞くところによるとご近所の皆さん、この芋掘りを楽しみにされ2度の延期にがっかり、決行を待ちかねていたそうです。

 畑は、草が伸び放題でどこに芋が植えてあるのか分からない状態でした。延期のお蔭か、収穫時期の読み違いか?大粒もあり、予想に反して昨年並みの収穫がありました。 蒸し暑く熱中症が気になりましたが、無事収穫できたことを喜んでいます。ご協力ありがとうございました。
これから夏本番、元気で乗り越えましょう。
 
 なお、収穫物の一部は僅かですが、今回も、恵まれない環境の子供達に居場所を提供して勉強と食事の支援をしている「こども明日花プロジェクト」NPO山口せわやきネットワークさんにも提供させていただきました。

 今年度のボランティア活動の一つとして参加を決めた引きこもり支援団体(支えてねットワーク 和の家)の「うりうり募金プロジェクト」。5月中旬に白瓜の苗を植えてから一月半で実が生り始めました。収穫期間は、約1ヶ月間、6回の収穫総量は約250kg、最初にしては満足のいく量でした。
 この瓜、選別に耐えれば行く先は、某有名ブランド日本酒の酒粕で漬けた奈良漬になり、商品として店頭に並ぶとのこと。美味しい奈良漬は、白瓜と酒粕の良し悪しで決まるそうです。奈良漬で酒粕のメーカーが分かるか「利き酒」ならぬ「利き酒粕」に挑戦してみてください。

 囲炉裏の会は都度、会員に一斉メールで情報を流して、積極的な参加活動を勧めています。因みに6、7月に発信した一斉メールには、こんなものがありました。
 6/8発 定例会開催の案内 (・・・忘れている会員に向けて)
 6/20発 ・雪舟の庭を守る会 主催の落語会(春風亭正朝)案内(Iさん発信) ・まちサポ広場、活動レポートUP(更新のお知らせ)
・ジャガイモ掘り(7/1)の案内
 6/30発 ジャガイモ掘り中止 (前日雨天による)、ジャガイモ掘り(7/5)の案内 
 7/1発 山口市民と音楽の夕べ(7/28海上自衛隊 佐世保音楽隊演奏)の案内(Oさん発信)
 7/4発 ジャガイモ掘り中止 (前日雨天による)
 7/9発 ジャガイモ掘り(当日)決行のお知らせ
 7/12発 暑気払い懇親会(7/14定例会後実施)(Iさん発信)
 7/16発 キス釣り(萩 7/20予定)の案内(Gさん発信)

8月の定例会はお休みします。
次回定例会は、9月8日(金)18:00〜
場所:やまぐち県民活動支援センター 交流コーナーにて
 
*囲炉裏の会は、いつでも仲間を歓迎します。気楽にちょっと覗いて見ませんか。また、空き家開放の情報が有りましたらお寄せ下さい。


 

レタスを収穫しました。
2017/06/19
レタス 大きく育ちました
露地(左)対 マルチ(右)
ジャンボニンニクの陰干し
ただいま計画中
 6月3日、苗を植えて6週目で玉レタスの収穫をしました。。
会員でレタスを育てた経験者は、誰もいません。頼りは、「野菜つくり」の本と「野菜の作り方」レタス編のネット検索での記事でした。

 未経験者にとって「葉が巻き始めたら」とか「玉が固くなったら」なんて数字で表せない表現では、どのタイミングでとらえれば良いのか分からず、やむを得ず苗提供者のKNさんに現地指導をお願いし、何とか食べごろ許容範囲内で収穫することが出来ました。

 レタスは、露地とマルチと二通りの方法で栽培しました。マルチについては5月13日活動レポートで効果について少し触れました。マルチ以外は同じ条件ですが素人目にも結果の差の大きさににびっくりしています。

 囲炉裏の会のボランティアの一環として、収穫したレタスの一部は、子供の貧困問題に取り組んで「こども明日花プロジェクト」を始めた山口せわやきネットワークさんとNPOひつじの会さんに提供させてもらいました。
 
 先日、菜園つくりに協力してもらっている、Y農園のKさんからジャンボニンニクを戴きました。9月ごろの植え付け予定です。それまで乾燥させておきます。農家の納屋のような手頃な保存場所がなく、やむなくベランダの軒先に干しています。穫れたてのニンニクの匂いが漂って元気が出てくるようです。
 因みにニンニクは、ユリ科で疲労回復効果があり、アリシンという成分が匂いの元となっているようです。上手くいけば来年の5,6月、会員の疲労回復に役立っていることでしょう。

 6月の定例会で、趣味の活動としてIさんから、希望者を募って日帰り温泉旅行に行こうとの提案がありました。野良仕事で疲れた?身体をのんびりと露天風呂で癒すのも楽しみです。魚釣り、山登り、また、冷たいビールが身に染みる季節になってきました。いろんな提案が待たれるところです。


次回定例会は、平成29年7月14日(金)18:00〜 
於;やまぐち県民活動支援センター

 *囲炉裏の会は、いつでも仲間を歓迎します。気楽にちょっと覗いて見ませんか。また、空き家を開放しても良いという情報が有りましたらお寄せ下さい。


 

  次へ