【イベント】鳥羽伏見の戦いと錦の御旗


イベント詳細




幕末維新策源地であるここ山口、そのゆかりの場所で『いまだつてない歴史体験』が生まれます!

日 時 ・ 場 所

令和3年11月13日(土)①15:00~ ②17:30~ 山口市菜香亭

①錦の御旗製作所跡ガイドツアー / ②デジタル映像に乗せた神田京子講談

令和3年11月14日(日)①11:00~ ②12:30~ 松田屋ホテル

①デジタル映像に乗せた神田京子講談 / ②神田京子さんを囲んで昼食会

 

詳 細

幕末維新の絵巻 × 伝統芸「講談」 × 令和のデジタル技術

京都仁和寺に伝わる「戊辰戦争絵巻」上下巻全長約40メートルの絵巻の中で繰り広げられる激動の幕末維新物語。超高精細デジタル撮影技術によりクローズアップされた歴史的瞬間の数々。専門家の指導のもと最新の技術によりデジタル彩色を施すと、絵巻に息が吹き込まれました。
講談師神田京子の軽快な語りに乗せ、映像と講談でお届けするいまだかつてない歴史体験をお楽しみください。

幕末維新の絵巻=「戊辰戦争絵巻」

仁和寺(京都市右京区)は仁和4年(888年)創建、真言宗御室派の総本山であり、ユネスコ世界文化遺産に登録されています。慶応4年(1868年)に始まった鳥羽伏見の戦いでは、仁和寺第三十世門跡(住職)純仁法親王が還俗され仁和寺宮嘉彰親王となり、勅命により征討大将軍に任ぜられました。

令和のデジタル技術 =「一般社団法人先端イメージング工学研究所」

先端イメージング工学研究所は「芸術の為の科学技術」をテーマに、京都大学・井手亜里名誉教授の開発した、文化財のための超高精細画像記録システムを用いて、日本をはじめ多くの国々の貴重な文化財、歴史資料などを高精細デジタル化し、保存だけでなく新たな活用の取組を行っています。

伝統芸「講談」=「講談師 神田 京子」

チケット

令和3年11月13日(土) 山口市菜香亭 料金4500円

令和3年11月14日(日) 松田屋ホテル 料金20000円(昼食代含む)

申込方法

お申込みは10月1日より

主催・お問い合わせ先

鳥羽伏見の戦いと錦の御旗プロジェクトin山口 実行委員会 事務局

web https://note.com/kinki_koudan

Mail kinki.koudan@gmail.com

電話 090-4101-7466

共催・後援

共催  山口市菜香亭、松田屋ホテル、総本山仁和寺、(一社)先端イメージング工学研究所、(株)アートリサーチ、Kyoko Labo. 企画

後援  山口県、山口県教育委員会、山口市、(公財)山口市文化振興財団、tysテレビ山口、yab山口朝日放送、KRY山口放送