1〜2月のご報告

カテゴリー:活動報告

とうとう1月の更新をさぼってしまいました。
世間では花粉も飛び始め出不精に拍車。
撮ったはずの集合写真もなぜか見当たらなかったりと不思議な現象が続く2015年です(笑)

1月は年明け目出度さ満載の衣装をゲットしたのでワンズには協力してもらい、「福」を沢山触っていただきました。
1月の写真は参加わんこ、わんパパのブログより拝借しました。
毎月1回の定期訪問が始まって7年目、山大アニマルセラピー研究会の学生さんによるミニコーナーも定着してきました。
新しい年もいろいろな方との出会いふれあいで楽しいひと時を過ごせたらと思います。

   

今月は参加通所者も初めての方が数人いらっしゃり、はじめは固まっていた方も次第に打ち解け明るい笑顔になられたことが印象的でした。
賄賂と呼んでるわんこ仲良しグッズ「ささみジャーキー」が足りないのに気付き慌てて近くのホームセンターで購入したいつもと違うあらびきささみジャーキーに「おやつが変わりましたね」と気づかれた方もいらっしゃり、違いのわかる男の観察眼の鋭さに脱帽でした(笑)
寒い中参加くださったメンバーさんとしっぽ組に感謝感謝です。

毎年仲良い家族写真の年賀状を送ってくださる卒業犬の飼い主さんからメールが届きました。
8年前ビニール袋に入れて捨てられていたまだ目も明かない姉弟犬たちの1匹。ご縁あって迎えていただき、大切な家族の一員としての日々を過ごしているわんこです。

そんなちょこちゃんがある日突然足が立たなくなり、病院へ。
当初椎間板ヘルニアか?とも思われましたが色々と検査をするうち「筋ジストロフィー」と判明…超難病です。
正直、犬の筋ジス症例を初めて聞きました。

ご家族は「首から下、両足はもう動かないので食事や排泄の介護が必要な完全室内犬になりますが、みんなで世話をしてやりたいと思っています。」とのお言葉を頂戴しています。

最期を看取る時まで責任を持って飼っていただける方に…と8年前にこちらのご家庭に託したあの日と変わらぬ思いを聞かせていただき、このボラをやって本当によかったと有難く心から感謝感謝です。

頑張れちょこちゃん!

この記事をシェア!