ソーシャルマネジメントセミナーレポ-ト

秋も盛りの9月24日パルトピア(防長青年館)には真剣に社会を変えたい有志が集まりました。

講師はおなじみ長浜洋二さん(モジョコンサルティング合同会社)。今回は、18組織から44名の参加です。

午前中は組織のミッション達成に向けた社会課題解決の計画書づくりのポイントを超高速で学び、午後からは、「座学より実践」ということでセオリーに添って計画書づくりです。

 

 

 

 

 

 

計画書づくりに取り組む7団体には、一歩先に学んできた中間支援者が寄り添いました。

前回から、社会課題解決の計画書づくりに寄り添い作業をする中で感じたのは、

○ビジョンとミッションと事業のつながりがぶれていない

○問題構造分析や数値データで事業の必然性が証明できる

○事業を実施する際の対象ごとの成果(ロジック)が明確

これらを、組織内部できちんと共有できて、都度見直すことができれば一歩ずつ仲間を増やしながら、社会課題解決の道筋が見える気がしました。

セミナーの内容は、7月にみっちり2日間行ったソーシャルマネジメントと同様なのでそのレポートをご覧ください。

https://www.saporant.jp/sapo-report/%E4%B8%AD%E9%96%93%E6%94%AF%E6%8F%B4%E8%80%85%E5%90%91%E3%81%91%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E9%81%93%E5%A0%B4%e3%80%80%E3%83%AC/

—————————————————————————————————

講師の長浜洋二さんプロフィール

※モジョコンサルティング合同会社 代表

鳥取県×日本財団地方創生プロジェクトアドバイザー

日光CSR推進連絡会アドバイザー

座間市社会福祉協議会アドバイザー

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会 専門アドバイザー

一般財団法人かわさき市民しきん評議員

1969年山口県周南市生まれ。中央大学を卒業後、NTTへ入社。3年で退職し、米国ピッツバーグ大学公共政策大学院へ留学して公共経営学修士号(Mmaster of Public Administration)を取得。その後、米国非営利シンクタンクにて個人情報保護に関する法制度の調査・研究、ファンドレイジング、ロビイングなどに従事する。

帰国後、マツダ、富士通でマーケティング業務に携わる一方、NPOマーケティング研究所を立ち上げ、全国でNPO向けのマーケティング研修プログラム『草莽塾』を開催。

公益組織のコンサルティングを行う株式会社PubliCoの起業を経て、2018年5月、社会、組織、個人が抱える様々な課題の解決を支援するモジョコンサルティング合同会社を設立。

著書に『NPOのためのマーケティング講座』

—————————————————————————————————-

 

この記事をシェア!