ウィズワンなのにニャン?

カテゴリー:活動報告

ウィズワンと「ワン止め」にしているため犬専門と思われがちの私たち。
広くペット全般が対象ですがニャンは先行して活動されているよつばの会さんの方が圧倒的に情報量も多く、こちらの方もご紹介しており私たちの犬と猫の比率は10対1でしょうか。
その数少ない猫さん、メンバーが保護しました。
休耕田でカラスにつつかれていた4兄妹。保護してみると生育状態も良くノミダニ回虫なし。きっと家庭で生まれた子が捨てられたのでしょう。皆がバラバラにならず固まっていたのは捨てられた直後だったから??
つつかれてケガをしていた子も順調回復しています。
オス・メス2匹ずつ、皆尻尾がストレートで表情豊かです。
昨冬大流行でもう古い?猫鍋で仲良くまあるくなって寝ています。
400グラム前後で生後1ヶ月くらい、良い方がいらしたらご紹介下さい。
ワンコもチリりん、うしこ共に未だ赤い糸が繋がりませんが、何処かできっとこの糸の端を持った方がいらっしゃるはず。
2匹とも避妊を済ませており、じっくり腰を据えて出会いを待ちます。
以前他団体のお手伝い時代に知り合った秋田犬のオス8才(去勢済み・黒虎柄)がご家族の事情で新しい家族を捜しています。
いくら性格がよい子とはいえ大型犬で高齢とハードルは高いですが前にも10才のGRさんにご家族が見つかりました。
少し時間はかかりますが、成犬でも高齢でも病気があっても「この子を」と言って下さる方もいらっしゃいます。
諦めずにそんな方とのご縁むすびに田舎・山口の片隅からお見合いババアとして手を挙げたいと思っています。

この記事をシェア!