ビーグル系受難続き・・・

カテゴリー:活動報告

表は雨が上がったものの、譲渡会はビッシャ。
ビビリのちょこちゃん相変わらず固まりっぱなし・・・でもちょっとうち解ければこんなお茶目な表情も出来るんですよ。

さて今日は1才2ヵ月のビーグルお嬢さんに、里親探しの依頼がありました。まだまだ遊びたい盛り、元気一杯。
体重10キロ、ワクチン&フィラリア予防済み、外飼いされています。ビーグル種の特性をご理解頂けるご家族からのご連絡をお待ちしています。
また、母犬がビーグルミックス、父親不明の1ヵ月の子犬情報(オスメス各2匹)がありました、写真が届き次第アップします。もう1日早かったら直接ご紹介できたのに・・・。

午後は迷い犬を保護され愛護センターへ連れていって譲渡会に参加させたいとご連絡頂いたお宅へ伺いました。
お勤め先で保護されたのですが捕獲の時にも興奮と恐怖でやんちゃいっぱいしたようで、連れて帰られてからはお家の中を右往左往逃げ回り、和室を占領しています。
攻撃型と言うより、怯えて防御のため精一杯虚勢を張ってる状態。
雷も重なってパニックだったでしょう、少し時間をかけて落ち着けば、よい子になれるはず。
5ヵ月くらいの男の子、ビーグル系配色、大きな立ち耳、スプリンター体型です。
首輪の跡がありませんが、先日来の雷家出の可能性も捨て切れません。

9日夕方から夜にかけて3時間くらい山口エリアはものすごい雷でした。ウチの1匹も雷恐怖症で、気休めに安定剤を処方してもらっていますが、この日生憎外出しており、ヤバイなぁ〜と思いつつ帰宅。
専門的には「音響シャイ」というそうですが、シャイと言う言葉は違うんでないかい?ってくらい酷いパニック状態になります。
案の定、床3ヶ所が粘着質のヨダレ海、腰が抜けてヘロヘロ。
雨が上がったので散歩に行くよ、と声かけてもシャキンと立てない状態。

この雷で逃亡犬が増えていないことを祈ります。

この記事をシェア!