中学校で地域が教材!スローレシピ実習始まる

カテゴリー:活動報告

仁保中学校の家庭科の授業で、

地元のお茶の木の茶葉で紅茶づくりをしました!

体験したのは、中学1年生、15名。

仁保下郷の松尾さん宅のお茶の木から頂いた

無農薬茶葉を使わせていただきました。

ツバキ科である「チャノキ」から、

煎茶、番茶、ほうじ茶、抹茶、ウーロン茶、紅茶が

できることを学び、その製法の違いも茶葉を香りながら

比べてみました。

授業では、子ども達が手もみをして、

茶葉をガーゼハンカチに包んで持ち帰り、

お風呂の湯で蒸して発酵させ、

再び中学校で天日干しをしました。

次の授業では、みんなで飲み比べをしてみるのだそうです。

今年度は、仁保の食材を教材に故郷を知る

スローライフ実習を子ども達と学び楽しんでゆきます。

次回は、梅の加工です♪

P2015_0524_134816

P2015_0524_134831

P2015_0527_143853
P2015_0527_143953
P2015_0527_153356

この記事をシェア!