予習 其の弐の巻

カテゴリー:活動報告

は〜い、第2回目のイラストはこれ。

飼い主が愛犬と向き合って座る。
犬も飼い主の顔が見られるので安心感があります。
ポイントは両耳の下あたりの首輪を両手でしっかりつかむこと。
これで犬の顔は左右に振りにくくなります。
そうすると獣医さんは安心して首元や背中に注射ができますね。

いつもとは違う場所、知らない場所で沢山のギャラリー(順番待ちの飼い主と犬たち)がいる中、これまた知らない獣医さんの場合がほとんどで公開注射。
こんな中で落ち着いて座るだけでも犬にとっては大変なことなんですよね。

さて今月のふれあい訪問は超ビッグな参加わんこ。
グレートピレニースの親子が初参加です。
写真見てもどっちが親でどっちが子が皆目わかりませんが確実に1匹は生後8か月のお子ちゃま犬(笑)
存在感もビッグな2匹でしたヨ、また来てね〜

こんな珍しい犬種と出会えることはめったにないチャンスで、今日来られた利用者さんは超ラッキーでしたね。
学生さんのお手伝いも男子二人とこれまでにない顔ぶれでした。

ペコちゃんも避妊とヘルニアの手術を終えて募集に本腰を入れますが、いまだ1件もお問い合わせなし。

他にも黒白子犬沢山います…お問い合わせくださいませ。

この記事をシェア!