今年最後の勉強会・「そら」君情報追加

カテゴリー:活動報告

16日はベスト電器さんの歳末大売り出しで、8時過ぎには既に椅子を持ちこんでやる気満々並んでお待ちの方が列をなしていました。
事情を知らないギャラリー達は10時の開店までしつけ教室の様子を楽しめたことと思います。
今日は山口大学からボランティア体験学習の実習生と、県立大からも社会福祉学科の見学者があり、参加犬よりギャラリーの多い月となりました。
興味のある学生さんが来てくれることはとても有り難く心強いです。
学生さんによるお散歩シッターボランティアが定着すると、お年寄りも安心して好きな犬や猫が飼える。
ちょっとした夢ですがそう遠くない時期に現実になるかな?

さて、ウィズワン出身ワンコで飼い主さんに保健所へ連れて行かれたケンちゃん、掲示チラシを見てとご連絡がありホームステイに入っていましたが目出度く年内に譲渡決定のご連絡を頂きました。
新しい名前「そら」君として、2008年を美人3姉妹に囲まれて迎えます。
今度の御家族には初め他団体保護子犬をご紹介ましたが、写真の印象が良かったのでしょうか、やっぱりこの子に会いたいと仰って下さいました。小さく可愛い子犬から飼いたい方が多い中、有り難いお申し出です。
悲しい思いをしたけれど、その分以上に可愛がってもらえるお宅です、良かったね〜。
お父さんも男同士の話が出来る仲間が出来ました(笑)

お見合い写真の善し悪しもご縁に大きく影響を与えますから、責任も重大です。
皆さんも迷子になったときのために愛犬愛猫の特徴がよく分かる写真を撮っておくことをお奨めします。カット前後で姿形がすっかり変わるタイプのワンニャンを飼っていらっしゃる方は、いつ何があっても良いように、直近の写真を撮るように心がけて下さいね。
「うちの子は大丈夫」と言う過信は禁物です。

今回の件は譲渡後フォローについて苦くて良い経験になりました。
吠える割にはきれい事ばかりを言っているようで申し訳ないと思いつつ色々な思いの方々にもご理解頂けるよう、耳を傾けていただけるよう努力したいと思っています。
皆様ワンニャンと共に良い年をお迎え下さい。

この記事をシェア!