児玉小枝写真展「ラストポートレート〜この世に生をうけて」

カテゴリー:活動報告

電脳箱が手元になく更新ができずにスミマセン!
まだしばらく不自由な状態が続きそうです・・・。

2月10〜12日の3日間、今年もさぽらんてにて開催しました。
約130名の方が重いテーマにも関わらず足を運んでくださいました、有難うございます。
中国新聞、毎日新聞、NHKなどでもご紹介いただき、新聞やテレビを見てきたとおっしゃってくださる方も多数ありました。
またKRYラジオで月〜木の4日、電話インタビューという形で写真展の紹介やウィズワンの活動についてお話させていただく機会にも恵まれました。
私達の話にも耳を傾けてくださって、避妊去勢&協議会設置を求める署名にも快くご賛同くださり、第2弾目標の1000名に達することができました。
近く取りまとめて市へ提出する予定です。

また先週日曜日マックちゃんの里親さんが有料道路上にいたセッターを保護されました。
おっとりした性格で歯も綺麗なのでまだ4〜5歳くらい?のメス、首輪つき、授乳中なのかお乳も出ます。
すぐに山口宇部周辺に届けをしましたが飼い主からの届けはありませんでした。
幸いアピールさんの木曜版に載せてもらえて、宇部在住の飼い主さんから連絡があり、無事おうちに戻ることができました。

実はこの子は前科があり前も宇部警察署に保護されたというのにどこにも届出をなさらなかったこと、いつも公園に着いたらリードを離して一人運動をさせていること、名札をつけていないこと、授乳中ではなく想像妊娠だったこと(年齢も10歳でした!)、乳腺炎があることもご存知のうえ手当てなどなさっていないなど、残念な事が一杯のワンちゃんでした。

飼い主さんに重々適正飼養のお願いしながらも、私たちにはお願いする他にはなんら権限がないことが残念でなりません。
飼い主さんがこれに懲りてくださることを願うのみです。

この記事をシェア!