児玉小枝写真展in長門

カテゴリー:活動報告

長門市内個人で犬猫の里親捜し活動をされている方にこの度の場所、長門フジのご紹介はじめほっちゃケーブル、長門時事、サンデー北浦等の事前告知の手配から写真の搬入〜展示などご家族皆様によるバックアップ頂き、無事終えることが出来ました。

記事を見て足を運ばれた方、何気にみて処分?とびっくりされた方などいろいろ・・皆さんの中で何か1つ心に残り、認識が変わるきっかけになったとしたら、これほど嬉しいことはありません。
昨日は18才、今日は16才の愛犬を看取ったと言う方のお話しもお聞かせ頂き、犬1匹に各ご家庭で1冊の本が書けるほど色々なストーリーが生まれていること改めて感じた次第です。

デモンストレーションは冷たい海風の吹く中、中村先生とカリンちゃんに登場頂き犬の接し方、しつけ方の実演。カリンちゃんのリードを握って練習をしたS君は、今日から早速愛犬のお散歩で反復練習してくれることでしょう。

イベントによる成果を目に見える形で表せられるものではありませんが、児玉さんの写真が訴える力がきっと御覧になった方々の心に小さな花々を咲かせてくれることでしょう。
お一人でも多くのかたに見て頂きたく、引き続きこのような機会を作っていきたいと思っています。ご協力頂いた全ての方々と写真展に対して団体活動支援事業助成を頂きこのような機会を与えて下さったたやまぐち県民活動きらめき財団に心から感謝申し上げます。

この記事をシェア!