大内コドモジカンプロジェクト in 氷上 でダンボールコンポスト講座をしました

カテゴリー:活動報告

さぽらんてさんのコーディネートで、氷上地区文厚部さん・大内まちづくり協議会さんのお招きで、小学生対象のダンボールコンポスト講座を開きました。

昨年、さぽらんてさん主催の街中コドモジカンプロジェクトでダンボールコンポスト講座をやらせていただいたことで、今年も開催させていただくことになりました。

「子どもたちの豊かでのびやかな育ちと、地域住民のつながりを応援します!!」というコドモジカンプロジェクトの趣旨に賛同して講師を務めさせていただきました。

始めのお話では、午後から子どもたちが自分で参加したいものを選ぶイベントの一つとして実施というお話でしたが、主催者で話し合われた結果、午前中、小学1~3年生が全員参加することに変更となりました。

学校で環境問題に取り組んでいない低学年の子どもたちだけのダンボールコンポストは、実は、初めてでした。
私たちの思いが伝わったでしょうか・・・。

日 時:2016年8月19日(金) 9:30~10:30
場 所:氷上公民館
参加者:13名
講 師:久保・藤井・蕨(やまぐちエコ倶楽部)

◇ダンボールコンポスト講座◇
家庭から出る生ごみを「ゴミ」として捨てるのではなく、
「資源」として有効活用しませんか。

 ●少人数でも多人数でも対応できます。
 ●小学生や親子など、いろいろ対応できます。(ご相談ください。)
 ●講師料・交通費は必要ありません。
 ●材料費も無料です。 
 ●講座の時間は1時間程度です。
 ●会場が用意できなければ、リサイクルプラザも使えます。
 ●その日から、生ごみを投入できます。
 ●生ごみを燃やせるごみに入れなければ、週2日もごみを出す必要がなくなります。

 ■ダンボール箱をご準備ください。
 ・40㍑程度の箱を人数分(縦38×横33×高さ33cm位の大きさ)
 ・箱の底と同じ大きさのダンボール人数分(底を補強するための二重底用)
 ■カッター、はさみ、鉛筆などのご準備をお願いします。 

 ◆基材(ピートモス、もみがらくん炭)、ガムテープを持参します。

この記事をシェア!