寒行?

カテゴリー:活動報告

5日のしつけ方教室は所により雷雨という、妖しい天気予報の中での開催となりました。
時折冷たい小雨や寒風の中、皆さんとても熱心に時間を延長して取り組まれました。
小型犬のジャックラッセルから大型犬のロットワイヤーまで体重差10倍という人間では考えられない同窓生(笑)
個性それぞれで余所の犬を見ることはとても勉強になった事と思います。おさらい時には上手に出来た子、頑張った子それぞれ自然に拍手もでてとても良い雰囲気の中で出来たこと嬉しく思います。
またやんちゃな犬が先生がリードを持ったとたん、模範生のように大変身した姿は、皆さんから感心の声しきり。
良い素材・道具を使いこなすのはやはり人次第。
本来持つ犬の良さを引き出すのは飼い主さん次第です。
「貴方の言う通りにすることが楽しいワン」と犬に思ってもらえる、信頼される飼い主になりましょうね。

肉球通信を配信している方から昨夜メールがありました。
以下原文をコピーします。

『亀山公園で毎月行われているフリーマーケットご存知ですか?今日がそのフリーマーケットの日だったのですが、その中にでいらない物がある人は自由に品物を置いていき欲しい人が無料でもらっていいコーナーがあり、そこにかなり高齢と思われる犬が置かれていたそうです。
見かけた友達から連絡があり、私が行ったときにはすでにもらわれた後で実際犬に会ってはないのですが、両目白内障でオムツと服を着たかなり高齢の白いプードルだったそうです。犬を連れてフリーマーケットに来ていた人が連れて行ったそうです。最期まで飼ってくれる人にもらわれていったと信じたいです。自分の飼っていた犬をフリーマーケットに出そうという発想が信じられないし腹立たしさでいっぱいです…』

皆さんはどう思われましたか?
フリマ無料コーナーに置いて帰るだけでも、無責任に捨てたり保健所へ連れて行く人よりはマシなのでしょうか?
何故一生懸命新しい飼い主を捜す手だてを考えなかったのか?
急に犬がいなくなってご近所の方にはどう言い訳をしているのか?
こんな方は、きっと近いうちに新しい子犬を飼い始めるでしょうし既にもういるのかも知れません。
哀れに思われ連れて帰られた方が、転売目的や一時的な同情でなく下の世話を厭わない篤志家で穏やかに天寿を全う出来ますように。

3枚目の写真は譲渡3周年のお祝いにと飼い主さんが丁寧に手作りされた犬のドンちゃん用のおご馳走。
飼い主さんより遥に豪華です(笑)
同じ人と犬とでフリマワンコとこの差は何なんだろう・・・・

追記:後日このワンコは飼い主が捜しているわんこであり、保護主が捨て犬と思い善意でフリマ会場で捨て犬として次の飼い主を求めたいたことが判明致しました。詳しくはお知らせのページをご覧下さい。

この記事をシェア!