徳佐にて

カテゴリー:活動報告

今回都合で中止としたしつけ方教室場外編として小雨降る中行って参りました。
訓練士でなくてもいいので…というお言葉に甘えて、今回お申込みいただいた3組3匹と、予約なしの飛込みが2組3匹。
飛び込みの1組はなんと山口南部からお越しで、山口県縦断の旅。
要申込みとさせていただいていましたが、はるばる様子を見に来られたのに訓練士が不在で申し訳ないやら、来春の再開をお約束して、なんちゃって二人組によるしつけ方相談会と相成りました。

紀州君はお話で聞くよりずっと大人しく賢い子で、どうしても女性がリードを持つと犬に負けがち。
代々紀州を飼育されているとのことなので自信を持って接してくださいね。
元気いっぱいの柴ちゃんは好奇心の塊、じっくり向き合って良きお散歩相手になってください。
プードル姉妹は甘えん坊さん、飼い主さんもついつい甘やかしがちなので、可愛がることとしつけとのけじめを飼い主さんが自覚してくださったら、犬は応えてくれるはず。
お嬢ちゃまのビーグルさんはもうお父さんが甘やかしすぎ(笑)
可愛くてたまらないのはわかりますが、犬として扱うところをはき違えると将来お互いが不幸なことにもなりかねないので、気を付けたいところです。

さて、会場の山村広場に到着してまず目に飛び込んだ段ボール。
更衣室の忘れ物だったらいいね〜なんて言いながらもイヤーな予感は当たってました。
ここに捨てられ(置き去り)て時間がたっているようで中は空っぽでした。

どこかでたくましく生きていてくれたら良いのですが、民家もほとんどなく、今日来られたジモティも場所がよくわからないといわれたこの普段人気のないここに無責任に命あるものを捨てる輩、とんでもない奴です。
箱の中、かなりの下痢P跡があるので望みは薄いかと…

この記事をシェア!