真夏の要注意事項〜おせっかいおばさん今日も行くの巻

カテゴリー:活動報告

今年イレギュラー開催提灯祭り初日の今日、町内初の盆踊り大会開催日でもあり、お手伝い部隊として朝から準備で公民館と会場をウロウロ〜そこで昼日中の炎天下、焼けたアスファルト歩道を平気で小型犬を散歩させてる見知らぬご婦人と遭遇。
元来人見知り激しい私もこと犬猫に関してはおせっかい魂がムクムクと湧いてきて、出くわしたのが運のツキ。
ご自身は帽子とアームカバーと厚化粧で完璧装備。無防備な短足系愛玩犬種はきっと「アチチぃアチチ…」と言ってたはず。
注意したら「はぁ〜?」って不機嫌そのもの。
私の方にもきっと言葉にとげとげしいケンがいっぱいあったことでしょう。
でもね、お願いだからちょっと裸足で歩いてみてください。
裸足は極端ですが地面を触るだけでも私の言葉、理解して頂けるでしょう。

炎天下に外出しなくてはいけない理由があるなら、小型愛玩犬はキャリーケースか抱いて移動しましょう。(中大型犬なら大丈夫って訳ではありません)

愛犬とのお散歩も朝6時でも日向はもう危険な日差し、夕方はしっかり日が落ちてからにしてくださいね。
犬にとって散歩は大切な生活のリズムですが、暑さに弱い犬にとって昨今の日本の夏は人間同様危険信号がいっぱい。

外飼いで短いリードにつながれた子、日差しを避ける日よけやたっぷりの水を用意してもらっているでしょうか?
もしあなたが昼日向日陰もなくつながれた犬を見たら、どうか犬のためにおせっかいおばさんに変身していただきたいです。

今日日面と向かってあれこれ言うことは避けた方が賢明ですから、匿名で十分ですしご自身が言いづらかったら、保健所からの飼育指導という形も可能ですからご相談ください。
飼い主は悪意なく単に気づかないだけの鈍感な方かもしれません。

気の毒な犬猫の生活改善&向上におせっかいおばさん(おじさん)増殖大歓迎。
貴方も見て見ぬ振りせずちょっとおせっかい、是非ご参加ください。

この記事をシェア!