第3回さぽカフェ(6/22)レポート

6月22日(木)に、13名の関係者が出席しての第3回さぽカフェ(円卓会議)を開催しました。今回のさぽカフェは、私にとって特別な回でした。というのもこれまでは、多様な主体が共通の社会課題について話し合いを重ねるなかで見えてきたことのプットアウトとしてかわら版を作成し、解決のヒントにつながりそうなイベントや講演会をさぽらんて主導で開催してひと区切りという形が常だったからです。 さぽカフェは、社会をよくしたいという思いを抱いている人が、その思いを円滑に地域社会に反映できる歯車をつくるイメージでいつも運営しています。自走できる歯車を。 だから、さぽカフェをきっかけに解決したい社会課題が一緒の主体者たちでつながって委員会を中心とした自発的な活動に発展させていってもらうのが一番理想的だと常々思っていたのです。それがようやく叶ったのが今回でした。 実行委員会の発足を提案し、まずは実行委員長を決めることに。満場一致で増元さんに決まりました。快く大役を引き受けてくれた増元さんには感謝しかありません。 そこからはいろんな役割が、挙手や他薦でスムーズに決まっていき・・・・その様子に感動しました。ある程度道筋を示せれば、自然に歯車は動き始める。それを目の当たりにしたからです。こうしてライト・イット・アップ・ブルーin山口市、略してLIUBin山口委員会が発足いたしました。これからは委員会が主体となって活動をすすめていきますので以後お見知りおきを。 なんとかしたい社会課題があるけど、どう動いていいか分からない。そんな人、そんな市民団体がたくさんいます。 また、行政のなかにもできる範囲で市民の力になりたいと心をくだいてくれている職員さんが少なからずいます。 それぞれの立場の垣根を取り払って本当の意味での運命共同体にするために私たち中間支援者は存在しているのだと思います。これからもさぽらんては“ほっとけない”アンテナを張り巡らせ、山口の社会課題に、とがった感性をもって(笑)取り組んでいきたいと思います。 (さぽカフェ担当 川上)
実行委員として新たな門出
実行委員として新たな門出
頼れる実行委員長です
頼れる実行委員長です
中野市議が新たに仲間入り
中野市議が新たに仲間入り
グループLINEもできました
グループLINEもできました