第1回市民活動団体のExcel活用術(11/8)レポート

さぽらんて史上初となるExcelを使っての講座。今回はあわせて会計のことも学べるとあって団体さんからの関心も高く、募集開始早々満員御礼に。 講師役を引き受けてくれたスタッフと事前に何度も何度も打ち合わせ、何度も何度もシミュレーションしました。 また、今回のために講師が必要項目に入力さえすれば損益計算書まで完成させることができる、さぽらんてオリジナルテンプレートを作成してくれました。きっと団体さんが喜んでくれるはずとワクワクしながらのぞんだ当日。 実習に入る前に、まずはエクセルとは何をするためのものか?どういったものが作れるのか?について簡単に説明した後、今度は会計の話に。 そもそも団体にとって会計とはなんでしょう?団体の活動をお金によって説明するもので、寄付や助成金などを申請するためだったり、また団体活動を支えてくれる支援者やスタッフなどに報告するためにも必要なものです。 団体として会計をする上で一番大事なことは、団体内で費目の共通認識をもつことなのだそうです。そして、帳簿が合わないからとポケットマネーなどから帳尻を合わせようとするのはNGですよ、との話には、ドキッとした方もいたのではないでしょうか(笑)。 どんな費目があるか、こういった場合はどう会計処理といいかなど、会計のイロハを分かりやすく丁寧に解説してもらいました。 そしていよいよExcelを使っての実技に突入。 用意された練習問題を1問ごとに各自で解き、講師がプロジェクターで正答を見せながら解説するという行程を繰り返すうちに、10問全部が終わる頃には、ほとんどの方が費目を正しく判断し入力できるようになっていました。 最後に入力し終えたデータから完成した損益計算書を見て、団体さんが「すごーい!!」と大興奮。NPO法人化を目指す団体さんにとって今後のモチベーションにつながったようです。 2回目の講座は年が明けた1月17日(火)の10時から開催予定です。 アンケート結果をグラフ化したり、名簿から差し込み印刷や賞状などを作るなど、Excelを最大限に活用した便利な使い方が学べますよ。年末年始をはさむため、申し込み締め切りを1月5日(木)まで延長しました。どうぞふるってご参加くださいね。

(スタッフ 川上)

緊張気味のスタッフ
緊張気味のスタッフ
真剣に説明を聞く面々
真剣に説明を聞く面々
練習問題の繰り返しが力に
練習問題の繰り返しが力に
プロジェクターで答えあわせ
プロジェクターで答えあわせ