子犬情報と今私たちにできることは・・・

カテゴリー:活動報告

本日13日、ケダマの会さんお集団お見合い会で3匹ご縁が決まったようです。
まだまだこれからかわいい盛りのちびっ子はじっくりご縁を待ちましょう。
次回は20日の周南市主催ワンワン銀行の場外参戦です。市のご理解があってのこと、行政といい関係ができていて良いですね。
今日は新人わんこ4匹がいました、写真で一部ご紹介。
家族募集のちびっ子同様に抱っこされているのは、昨年末2年越しのご縁をつかんだチリちゃんです(笑)
お見合い会会場に遊びに来てくれました。チりぽんファンの方ご覧下さい、このつやつやサラサラヘア〜。

地震で大変なことになっていて、映画やCGではない現実に自然の前ではなす術のない私たち。
お一人でも多くの方に1秒でも早く救助の手が届き、1日も早く皆さんがこれまで通りの生活に戻れるよう私たちもできることを少しでも応援したいと思います。
節電生活も一過性に終わらず、復興が進んでも私たちが継続していけば原子力発電に頼らない快適な生活も十分可能ですよね。

有事の際を考え両手の数以上のペットは飼うべきではないと思いつつ、うちも居残り組も含めて両手両足の数がいます。
両手の優先順位は目の見えない犬と猫の2匹。場合によってはほかの子は迷子札を確認して「これにて解散」とするしかないのか・・・絵空事ではなく自分のこととして真面目に考えます。
クレートトレーニングや排せつのしつけができているといないとでは万が一の際、人もペットもストレス生活の度合いが違います。
今日来たチリちゃんも、いつもと違う会場内でもトイレシートの上で上手に排泄。これは彼女のお嫁入り道具として恥じないものです。うちはできないゎとおっしゃる方、今からでも遅くありません、練習しませんか?

有事の際に皆さんの善意を悪用しカンパ太りする、というか「初めから目的が保護でなく保護することによる集金」という不届きな人も悲しいかな存在し、今回もいち早くご支援のお願いを募っています。
どこの世界にも極一部、心無い人が善意を都合よく利用して・・・と企てる輩がいることも事実で玉石混合。
人様のことをあれこれ言う資格はないのですが、現場で糞尿にまみれてがばっておられる真面目なボランティアさん達をも食い物にする親方には賛同できません。
もちろんボラ可能な方が現地でのレスキューに携わったり一時預かりのボラをかって出ることやその行為を否定するのでは決してありませんので誤解のないように。
みなさんの暖かい気持ちを悲惨な写真や感傷的な文言だけで動かされるのではなく、私たちも相手を見極める目、情報の真偽を確認しする目を養わなくては・・とその昔せっせとお手伝いしていた所が猫ババしているとはつゆ知らず嘘車に乗っかって結果的にトンデモないことに加担していたという苦い経験があり、つらつらと思う次第です。

この記事をシェア!