現場で・・・パート2

カテゴリー:活動報告

各会場1000人1000犬、みんな違ってみんなイイ・・・!?。
現場では本当に色々とあって、日々お勉強させていただいています。
飼い主としてと主催側の目線と両方を体験でき、少し改善したらもっと犬も飼い主もスムーズに事が運ぶのではと思う点もあり、今後の集団接種の場に生かしていただけるようご提案させていただきたいと思っています。
実働数名のささやかな私たちですが、私たちなりに出来ることを背伸びせず目の前の問題に取り組んでゆきたいと、改めて思った次第ですが、山口もこうなったら良いなぁ〜と思う話題をご紹介。

その1
栃木県ではマイクロチップ装着に3千円の助成が決まったそうです、羨ましいですね〜。チップは迷子発見・捨て子防止に役立つ一生ものですから、装着の約半分の助成があると導入を考えている方にはする方にも弾みがつきますよね。

その2
自治体によって犬鑑札のデザインも自由化されています。今時の是非つけたくなるようなかわいいデザイン、小型犬にも付けやすいサイズ・・工夫次第で装着率のアップは確実に可能です。
ハッキリ言って山口県の今のものはサイズの割に穴は小さいし付けにくいですね。
かなり昔の・・・種類の少ない首輪が前提なのでしょう。

その3
何かと話題の宮崎県宮崎市でも迷子犬猫のHP写真公開が始まったそうです。こんな良いところはHPアップしている市町村なら経費がかさむわけでもないし労力は写真を撮って詳細を対応するだけ、早速真似をして欲しいと願います。

写真は阿知須で保護された雌猫、とても人なつっこい子です。
ほっぷやサンデー山口で呼びかけましたが反応はゼロ・・・・。
残念ながら前月の保護ワンコ同様お引っ越しで捨てられてた可能性が大です。
小郡のダックスのオス迷い犬(首輪にリード付き)も写真が届き次第アップします。
この2匹ともチップがあったら即日お家に帰っているはず・・・
追記
ダックス君は無事お家に帰りました。
日曜夜に保護され、飼い主が届けたのが火曜日。
保護主のすぐ近くの方でした。どうやって探して良いか分からなかった飼い主さん。お友達の助言で届け出して目出度くお迎え。
引っ越し前には名札を付けていたと・・・リードが切れそうなので新しいのを買いに行っていた矢先の出来事とのことです。
良い保護主に恵まれたこと、慣れない土地で事故にも遭わなかったこと、幸運が重なっての事です。
飼い主さんに名札装着を重々お願いして一件落着!!

この記事をシェア!