4~5月のご報告 その1

カテゴリー:活動報告

実が4月の狂犬病予防接種の情報をアップしていたはずなのですがどこへ行ったかそのページがない…
再度アップする気が萎えたまま5月を迎えてしまいました。

今年の狂犬病用接種日曜会場は4月17日、お天気に恵まれたこともあり昨年より来場者が多かったようです。
年々待たれる際のマナーや、会場の置き土産少なくなり、目を覆いたくなるようなかたもいらっしゃらず、全会場を見ているわけではありませんが旧市内数会場にかぎっては処刑スタイルで受ける犬も少なくなっているようです。
さらに今年は小型犬向けに簡易診察台も導入されました。
受付方法も若い職員による工夫が生かされて長蛇の列も混乱なくスムーズに運びます。

春の風物詩、山口の注射風景も少~しづつ様変わりしているようでうれしいです。

更にうれしいご報告をこの日頂きました。
期間中、1日数十会場をこなされていたさ中でまだ新しい注射番号のPCへの登録作業が済んでいない中、迷い犬の保護。

今年はじめて電話番号を記すシールを注射済票に同封したのですが、このワンちゃんの飼い主さんは早速実行してくださってたようで、注射済み票を迷子札代わりにするシールも実行してくださっていたおかげですぐにお家に帰ることができました。

1匹でも多く、1時間でも早く、無事にお家へ帰ることができるようにとの願いで同封させてもらったシールが役に立てて、内職した甲斐がありましたよ~

実際のところこのちっちゃなシールを張るのは難しくても、注意喚起の一つになればとの思いでさせていただきました。
ご覧の皆さんは是非、市販の可愛い迷子札を愛犬愛猫に付けてあげてくださいね。

この記事をシェア!